この一冊 102 「RIDERS CLUB 2018年5月号」

画像


1978年創刊されたという
この雑誌の当時の記憶は
まったくないけど
創刊40周年記念号
ってことで

いつもの倍くらいの厚さ
画像


厚いだけじゃなく
画像


記事もなかなかの充実度
画像


便利な移動手段としていつも
バイクが身近にあったのは
自分の車を持たない1970年代から
1980年代初めの7~8年間。

1985年から1990年くらいに
個人的にブームがやってきたけど
3人目の子供の長女が生まれた辺りから
昨夏まではバイクとは無縁。

空白の時代が埋まるわけじゃないけど
こんな本をパラパラ見たりして
なんとなく流れがわかってきました。

食後親子でくつろぐ(=^・^=)
画像



吉田拓郎-マークⅡcover(1974録音)

1974年録音
カセットテープ(劣化、1部左ch飛び)
背景 SRX600 ツーリング 飛騨高山 佐渡など(1986年頃)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 54

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年04月10日 08:51
バイクの本は定期的に手に取っているわけではありませんが、クルマの本の薄くなった様子を鑑みると、同じような状況なんでしょうねえ
自分の周りも子供が生まれると、みんなクルマに切り替えるって感じでした
2018年04月10日 21:04
こんばんは。
やっぱりお子さん産まれると、そうなりますすよね。
バイクは去年からだったんですね~
雑誌が40年の歴史とは…
根強い人気を語ってる…。
2018年04月10日 21:32
摩利紫天@analog-ya 様、趣味の雑誌だと
同じような記事を焼き直してループ
でもしょうがないんでしょうね(;^ω^)
2018年04月10日 21:36
TAMO様、30年ぶりのリターンライダー
ってわけなんですが同じような人が
けっこう走ってますね
若年層がバイクに乗らなくなって久しく
この業界は低迷してましたが、我々の
世代がリターンしてきて、その市場を
狙ったバイクが続々発売されてます

この記事へのトラックバック