OHLINS リアサス S46DR1 YA335 参

画像


朝10時に作業開始。
昼飯前に終わって
午後はひとっ走り…の筈が(^▽^;)
終わったのは夕方5時前。
それからいつものコースを
走ってきました(^-^)

吊りました
画像


こんな感じで
画像


古いベッドマットをガレージで再利用
画像


タンクカバー外して
画像


難度の高い燃料ホース外し
画像

ゴムホース2本は付けたまま抜きました
外すよりも難易度が低いかもですね
取り回しも簡単だし

ガソリンがちょっと出てきました
画像




ボルトを抜くためジャッキを併用
画像

微妙な高さの調整に苦しむ(;・∀・)

かなりのトルクで締まってました
画像

元に戻すときはすべてのボルトを
サービスマニュアルに記載されている
指定トルクで締めました!

吊ったりジャッキアップしたりして
ボルトをフリーしないと
正しいトルクで締められない
って誰かの記事にあったので
がんばりました(^_^;)

純正サスとYA335
画像


グリスアップ
画像



締付けトルクが50とか60N・mなので
画像

大きなトルクレンチを使用

これを車体に挿入
画像


リンクのボルトを通すのがこの日一番の試練
ジャッキを上げたり下げたりしつつ
1時間かかってあきらめかけたころ突然貫通(^_^;)

タンクつけて
画像


完成したのが5時近く
画像


あわてていてこのパーツと
画像

タンクの内側のゴムシートをつけるのを忘れて
走りに出かける(;^ω^)

おまけに帰ってきてから
パーツを付けようとして
樹脂製のホックを一つ紛失

LEDライトつけて7時くらいまで
探してあきらめました(T_T)

たいへんだったけど
久しぶりにワクワクした1日…でした(^.^)


その集中力をもっと大事なことに…にゃ(=^・^=)!
画像




古井戸-退屈

"OHLINS リアサス S46DR1 YA335 参" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント