トラクターがガス欠で

画像


燃料の軽油を買ってきて
給油したもののやはり
予想通りエンジンかからない
1973年製のクボタトラクターの
ディーゼルエンジンは

エア抜きが必要なのでした(-_-;)
熱くなってセルを回し続けて
セルが逝ってしまったらほぼ終了…なので

冷静になって炎天下から室内に入り
webサイトを巡回して対策を探る。
40年も前の機種の情報はないけど
ディーゼルエンジンのエア抜きの仕方は
いくつかヒットしたので
それをじっくり見てから
再び炎天下に戻ってエンジンを調べる。
父の遺品の工具を引っ張り出して
30分ほど試行錯誤。

燃料タンクからエンジンへの経路を
辿りながらこれかなってボルトを
スパナで軽油があふれ出るまで緩めて閉めるを
繰り返す。

でイグニッションオンにしてスターターオン
何度か繰り返すうちに、エンジン始動
でもすぐ止まるのは想定内
誰かの記事の通りに
もう一度同じ工程を繰り返すと
エンジンは完全にパワーを取り戻したのでした(^^♪

緩めたボルトは以下の2箇所
画像


画像

「クボタのL1500 エア抜き」で検索する方も
いると思うのでここに記しておきます。

途中で中断していた
画像

除草的な耕うんを

最後まで
画像

完了したのでした(^◇^)

廃車も覚悟しましたが
復活してよかった
もう2度とガス欠しないぞと
心に刻んだのでした

今日は朝8時からスミチオン散布で
大汗かいて、そのあとトラクター騒ぎで
さらに大汗かいて、かなりのダメージ( ;∀;)

ちなみに昨日故障したエアコンは
寝室のエアコン(同じメーカー)のリモコンで作動(^.^)
画像

割り当てているボタンが若干違うけど
とりあえず正常な動作で動きました(^^♪
明日Amazonからリモコンが届くまでは共用…で

エアコンの効いた居間と
画像

クソ暑い2階を行ったり来たりする猫^^


RC Succession - 雨上がりの夜空に1980

すばらしいですね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 62

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年07月19日 07:18
40年前のトラクターの復活すごいっすね~
軽自動車に軽油入れてる様な連中に爪の垢でも飲ましてやりたいっす
ともかくはトラクターの復活とエアコンの順調な作動、お喜び申し上げます(゚∇^d) グッ!!
2016年07月19日 21:06
摩利紫天@analog-ya 様、ありがとうございます。
壊れる時はいろいろ壊れるもの…ですね(^_^;)
さすがにエンジンのことはよくわかりませんが
大昔バイクを弄り回してたのがちょっと
役立ったのかも知れません。
大平山の天狗
2019年12月12日 16:57
この情報本当に助かりました‼️ 実は今日、この記事と同じことをしてしまいました。天気が良かったので耕運作業をしたのです。後少しというところで、エンストです。燃料?と思いキャップを外してみると案の定、空になってました。このトラクターも40年くらい前の型なので廃車?かなと思いました。農機具修理屋さんに頼んでみようと思いましたが、ひょっとしてネットでと思い検索してみたらジャストヒットでした。掲載されてた写真の通りでした。本当に助かりました‼️
kyoro
2019年12月12日 21:08
大平山の天狗様、記事がお役に立ててよかったです!
自分も当時誰かの記事を参考にしました。
古いトラクターは情報が少ないですからね。

この記事へのトラックバック