インターロイキン(IL)33

画像


花粉症などのアレルギーを引き起こすたんぱく質が、
兵庫医科大学教授らのグループによって、
動物実験によって突き止められた・・・とのこと。
IL33は花粉症でない人の鼻の粘膜にはほとんどないが、
花粉症患者では大量に作られていて、それが過剰に出ると
アレルギー症状に関係する細胞を刺激するとみられている。

読売夕刊の記事の要約。
花粉症マーケットは衰えを知らず・・・だね!
医薬品メーカー及び販売店のドル箱的存在。

わかりやすいニーズに対応するのは当然。

まあいわゆる・・・あちこちの普通の企業だと
ご都合主義のスカスカ脳内でむりやりこじつけて
強引につくりあげた自己満ニーズを満たすだけの
むなしい施策・・・くらいがせいぜいかな^^?

"インターロイキン(IL)33" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント