テーマ:将棋

この一冊 153「kotoba 2021年春号 No.43」将棋の現在地

自分的に最初のブームは1970年代後半。 町道場の会員になって実戦で指して 情報源は将棋雑誌。当時は創刊したばかりの 「将棋クラブ」という月刊誌を購読。 通学の電車の中で棋譜を熟読していて 向かいの席のおじさんに奨励会員だと 勘違いされたこともありました(^_^;) 面白い本だったんですが「将棋世界」の牙城を 崩…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この一冊 148 「今宵、あの頃のバーで」先崎学

週刊文春の連載短編エッセイから 81編を収録。超短編なので 4コマ漫画を読むよう(^-^) 先崎ワールドですね! 登場棋士は男女ともに 名前くらいしか知らないので またプロ棋士名鑑を参照しつつ 楽しく読みました。 「およそ世の中に無くてもよいもの」 「将棋という遊びを生業としている」 とか、書ける…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 146 「将棋400年史」野間俊克

江戸時代初期の一世名人大橋宗桂から 歴史棋史を辿って大山、中原、米長、 谷川、羽生、渡辺を経て 藤井聡太2冠までのエピソードを 振り返った本です。 江戸末期の天野宗歩は 少し前に読んだタイムスリップ物の  「 時空棋士」でも登場していて 興味深く読めましたね。 著者は奨励会3段で退会して 将棋教室を開…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 145 「浮いたり沈んだり」先崎学

2000年から2002年頃、週刊文春に 連載していたエッセイをまとめた本。 著者が30代に入った頃の切れ味鋭い しかも読み易い文章はとてつもなく面白い(^-^) 本職の将棋ではこの頃は不調だったようで 何期か残留していたA級から降級してましたね。 天才棋士故村山聖とも友人で一本書いてます。 大崎善生著の「聖の青春」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 144 「フフフの歩」先崎学 

著者がまだ20代の頃の1990年代 「将棋世界」に連載されたエッセイとか 日本将棋連盟から刊行された本などを まとめて1冊にした本。 なので同じエピソード(碁盤のように 将棋盤にも星があるのを確かめるために 当時の羽生〇冠に深夜電話した話)がダブって 登場したりしてます(^▽^;) 気軽に読めるエッセイ集かと思っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 143 「一門」 神田憲行

森信雄氏は村山聖の師匠として 将棋はあまり強くない人情味あふれる棋士 っていうくらいの認知度で 「聖の青春」大崎善生著だったり 最近読んだ「師弟 棋士たち魂の伝承」野澤亘伸著で 竜王のタイトルを一期保持した A級棋士糸谷哲郎の師匠だってことを 最近知ったくらい。 弟子としてこの本に登場する 女流も含めた15…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 142 「 うつ病九段 」先崎学

先崎学 1970年、青森県生まれ。 81年、小学5年のときに奨励会入会。 87年四段になりプロデビュー。 91年、第40回NHK杯戦で同い年の羽生善治を 準決勝で破り棋戦初優勝。 棋戦優勝2回。A級在位2期。2014年九段に。 17年7月にうつ病を発症し、1年間の闘病を経て 18年6月、順位戦で復帰を果たす …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 141 「 将棋指しの腹のうち」先崎学

以前から噂には聞いていたけど 先崎9段の文章は読み易くて面白い(^-^) 今年の2つのタイトル戦でもそうでしたけど 藤井2冠が4段になって連勝記録が話題に なっていた2017年のワイドショーは 藤井君が昼に何食べた、おやつは何だったで 大騒ぎしてましたよね。 そんな表向きの話ではなく 実際の棋士の立場から見たご飯…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雨が降りそうで降らなかった今日

公的な草刈り(墓地のお堂の役の)を 朝60分程自前の草刈り機で(^_^;) 天気予報が午後大雨って言ってたので 除草剤散布は明日に延期したのに 結果ほとんど降雨なし。 巨額の税金投入しても 数時間先の天気も予報出来ない程 自然事象は奥が深いんでしょうね~(ー_ー)!! 夕方、将棋こども名人戦やってました …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 140 「 Number 1010」

スポーツ誌で将棋特集。 それもかなり本格的な記事。 楽天でもAmazonでも発売日に売切れ。 云うまでもなく転売屋の買い占め。 そして蔦屋で買いました。 転売屋からは絶対買いません! 九州の方では台風対策に不可欠な 養生テープが買い占められていて メルカリなどで高価転売されているとか。 人の弱みにつけこんで利益…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

午前中バイクのオイル交換とか

車検の準備する予定だったんですが NHK将棋、藤井聡太棋聖対塚田泰明9段を つい観始めてしまって昼まで(^_^;) 55歳塚田9段が果敢に端から崩しに かかりましたが、18歳藤井棋聖の 妙手の連発に圧倒されましたね。 既に現時点で棋界最強なのでは(;・∀・)? 午後からオイル交換 オイルのみの交換なの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊139 「 時空棋士」 新井政彦

将棋版「JIN-仁」と言うと安っぽいけど 実によく出来ているタイムスリップ物語です。 15歳奨励会3段リーグを戦う主人公が 江戸末期(天保年代)にタイムスリップして 煮豆屋で働きながら、客の将棋好きと指したり 最終的には当時の天才棋士「天野宗歩」と 対局して、将棋の奥深さと平常心の大切さに 気づく。対局には本格的な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊138「泣き虫しょったんの奇跡」瀬川晶司

当時ニュースを賑わせた時は それほど関心わかなかったけど この本はとても面白かったです。 瀬川棋士の幼少期のエピソードとか 奨励会での苦闘の描写も生々しくて 何よりもゴーストライターが書いたのでは と思う程文章がうまくて読み易い。 実際はかなり書ける人らしい。 同時に購入したプロ棋士名鑑で 登場する棋士のプロフ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊137「プロ棋士名鑑2019」

2020年版が売り切れのため とりあえず前年の売れ残りを購入。 表紙がSKEの将棋ガールなのが不評で その反動で豊島竜王名人表紙の今年度版が 早めに売り切れたのでしょうか(;^ω^) 真偽はわかりません。 1600円+税 2019年時点のプロフィールでも 十分楽しめます! 他にインタビュ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京はダメで埼玉はいいの(;・∀・)?

埼玉も神奈川も千葉も地続きだし 人の行き来は最近すごいですよ! まあ熊谷はほぼ群馬ですけど(;^ω^) いずれ結果論になるんでしょうけど 健康な若い人で命には関わらなくても まったく不可抗力の感染で陽性になって 過剰なコロナ差別で追い込まれて 家族親戚ご近所共々排斥されるような 地方のムラ社会もあるんじゃないかな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ペットシーツが敷き詰められてます(^_^;)

数えてみたら35枚(;^ω^) まあ、知らない人が訪ねてきたら まず、これこれこんな訳でと ご理解を頂きますが 稀に動物はちょっと、という人も。 まあ仕方ありません(^_^;) ライブで感想戦まで観ました。 木村王位が終盤までリードしていて 観始めた時は木村王位の勝ちかなと 素人目には見えたのですが …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

AbemaTV用として復活!

6年以上前のiPad miniを 数年ぶりに引っ張り出しました。 就寝前用のタブレットとして ヘビーに使って液晶が逝って しまったと思ったのですが なんか調子いい。 捨てなくてよかった(;^ω^) 後継のandroidタブレットも 悪くはないんだけど比較すると 大昔のiPadの方がヌルヌルサクサクと …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 136「師弟 棋士たち魂の伝承」野澤亘伸

6組の師弟の取材を元に書き上げたノンフィクション。 世代的に師匠側の、谷川浩司、森下卓、深浦康市、森信夫、 石田和雄、杉本昌隆は顔が浮かんでくるけど 弟子の顔は藤井聡太以外は浮かんでこない(;^ω^) 数年前、藤井聡太が新記録の29連勝目の対局相手の 増田康宏君と、30連勝目で負けた佐々木勇気君は ちょっと記憶にあり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

棋聖戦第3局藤井七段(17)

渡辺明棋聖(36)に敗れて 2勝1敗になりました。 AbemaTVのライブ配信で 終盤から観戦しました。 藤井君、この時持ち時間残り8分 どこかで長考したんでしょうね。 時間をたっぷり残している渡辺棋聖は 勝ちを確信してからゆっくりと時間をかけて じらすように指してましたね。さすが老獪。 解説がなか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この一冊 135 「受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基」樋口薫

先日第一局を終えた王位戦で 17歳藤井聡太7段の挑戦を受けている 47歳木村一基王位の 面白可笑しくも感動的な自伝と 過去の負け続けたタイトル戦の 知られざる逸話。そして 一年前の王位戦七番勝負の 一局毎の緻密な心理描写と局面の描写 さらにその棋譜を記載 そして巻末には王位獲得記念トークショーでの 著者樋口薫…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファミコン初期の将棋ソフト

1985年の発売された傑作将棋ソフト。 自分もかなりの回数と時間遊びました。 当時の技術としては奇跡的に バランスの取れた面白いゲームでした。 その名は「内藤九段将棋秘伝入門編」 こんなパッケージだった? ロボットの手(^-^) ここまではやりませんでしたが よくいじめ倒してました(;^ω…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この一冊 134 「将棋これも一局読本」別冊宝島440

久しぶりに将棋に触れて 思い出した一冊。 何度も読み返してかなり痛んでいる 1999年刊行の本。 これを買った当時は Windows98のノートPCを 手に入れて ネット将棋を始めた頃で 20年ぶりに買った将棋本 行田市出身の矢内理絵子棋士 現在は2児の母で現役復帰したらしい 村山聖氏の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

王位戦は藤井7段が先勝。

5時半頃に終局だったみたいですね。 王位戦中継サイトで棋譜を並べてみました。 プロ最高峰の将棋を昔のアマ初段程度が 批評するのもおこがましいのですが(;^ω^) その圧倒的な強さに改めてびっくり。 木村王位の絶妙な受けで簡単ではなかったものの 攻め続けて攻め倒した強烈な攻め将棋。 また将棋指したくなったなぁ お互…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

将棋第61期王位戦は

17歳の藤井聡太七段VS47歳の木村一基王位 という注目の対戦になりました。 第一局は今日と明日愛知県豊橋市の 「ホテルアークリッシュ豊橋」が会場とのこと。 実はこのホテルは8年ほど前に 利用したことがあります。 しかも今回棋士が宿泊する部屋と同じ ラグジュアリースイート(^_^;) 当然自腹ってことはありえ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝から冷風が吹き荒れて

しかも朝からきょろがおしっこ中に トイレに仰向けに転がり込んで噴水吹き上げて(;^ω^) リカバリーも間に合わずにきょろ本体と オレの腕はおしっこまみれに(;・∀・) その後始末にけっこう時間が かかってしまったこともあって 本日の予定ジムニーJB64のドアスピーカー交換は 明後日11日に順延 きょろ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この一冊 90 「3月のライオン 」 羽海野チカ

電子書籍で読んでます。 コミックスは二男が買ってるけど 貸してくれない(^^; 彼はNHKでやってるTVアニメも せっせと録画している。 将棋を題材にした漫画です。 監修が先崎学で将棋の描写も アマ有段者でも満足できるレベル。 将棋漫画で1990年代にビッグコミックスピリッツで 連載された「月下の棋…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

午前はNHK将棋

ちゃんと見たのは けっこう久しぶり。 30秒将棋で的確な 手をさし続けるプロって すごいな~と改めて感心^^ 午後は都道府県女子駅伝 区間配置見ながら うとうとしながら(^-^; 明日朝は-4℃だって(=^・^=)にゃ おいらふとんのなか~♪ クリスタルキング 大都会 突き抜け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晴れ間が出たので

家庭菜園と隣の空き地の境の 紅かなめをトリミング…途中 こんな色鮮やかなカミキリムシ (ゴマダラカミキリ)を発見( ゚Д゚) アシナガバチが威嚇してきたので 無理をせず 途中で終了 実家の庭の紅かなめを手掛ける 午後は将棋観戦 そして 先ほど9時30分 中学生棋士投了 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝から中学生棋士で

TVラジオは持ち切りでしたね(^-^; 子供に将棋を習わせるなんて インタビューで話すお母さんもいて 一過性のブームになりそう(^▽^;) もしかして将棋そのものより バトルゲームとしての 将棋に代わるゲームが 流行るかもですよ^^かつての ファミコンウォーズ ファミコンウォーズ(動画付き) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ただでさえ多忙な月曜日

蒸し暑さにも耐えて なんとか職務遂行(^-^; 今日は朝10時から 将棋竜王戦トーナメントで 話題の中学生プロ棋士が 連勝記録をかけて対局 abematvでライブ中継してるけど 持ち時間5時間の対局は 観戦には不向きです…よね 夜7時過ぎの時点では 中学生が形勢やや悪でしたが 猫がくつろいでいる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more